ギンコウで脳内化学物質を増やし、脳を活性化

氷河期からこの世に存在するギンコウには、バイオフラボノイド(強力な抗酸化物質) や、薬効のあるほかの化合物が豊富に含まれています。

動物実験により、ギンコウはドーパミンという、体内の情報伝達能力を高める脳内化学物質を増加させることがわかっています。また、人間の脳を活性化させる働きもあります。脳の血行不良の治療薬としての研究が行われ、非常に有望な結果が出ています。

最近フランスで行われた研究では、60歳から80歳までの軽い精神機能障害患者にギンコウサプリメント、もしくは偽薬を摂取してもらい、その一時間後に情報処理能力を試す総合テストを行いました。

すると、ギンコウを摂取した患者の成績は非常に優秀で、それは健康な若者のレベルに近いものでした。摂取量は6mgの標準的カプセルを1日3錠までです。

痴呆症にイチョウ葉エキス | 100種類のサプリメントの効能と効果
https://more-supplement.info/use/archives/27

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください