これまでの人生は「人間の愚かさ」を知るためだった

生きることに疲れた人は、まず何よりも自分を守らなければならない。生きることに疲れた人は自分を守ることをしてこなかったのです。

愛情飢餓感から人に気に入られることばかりを考えてきたのです。生きることに疲れたあなたは、人に気に入られるためにここまで頑張って生きてきて、何かを得たでしょうか?

生きることに疲れたあなたにとって、世間の評判がいま何か力を与えてくれているでしょうか。生きることに疲れたあなたにとって財産や学歴がいま何か力を与えてくれているでしょうか。

生きることに疲れたあなたにとって、いままでつき合ってきた人がいま何か力を与えてくれているでしょうか。

何も与えてくれはしません。ぁなたはそうした人の評価を得ようと努力してきたのです。

愛情飢餓感が強いからどうしても人からの評価を欲してしまうのです。それは理解できます。しかしいまあなたは生きることに疲れてしまったのです。ここであなたは学ばなければいけません。

いままでは仕方がありません。愛情飢餓感が強ければ、誰でもあなたと同じように人からの評価を得ようとして無意味な努力をします。幼児的願望が満たされず愛情飢餓感が強い人があなたのように生きるのは、人の本性でもあります。

しかしいまその生き方がいかに愚かであるかを、あなたは心底感じたのではないでしょうか。人間の本性の愚かさは人から聞いてもなかなか本当には理解はできまません。

それは自ら体験しないかぎり分からないのです。人間というものは、愛情飢餓感から、かくも愚かな行動をするということを人は身をもって学ばなければいけません。

生きることに疲れたあなたはいまそれを学んだのです。いままでのあなたの人生はその人間の愚かさを学ぶための人生だったのです。いまあなたは人の本性の愚かさを心底感じたのです。

いままで自分がしてきたことの無意味さを心底感じているのです。それは「ここで学びなさい」という神の啓示です。

心に響く音楽や本を見つける

いま頑張っても、もう実りはありません。努力の成果は期待できないのです。いま尽くしても尽くす人を間違えるだけです。

いま人の期待に応えようとしても、逆に傷つくだけです。いまは人の期待に応えないで休む時です。

ただ景色を見ていればいい。それでいいし好きな音楽があればそれを聴いて時を過ごすことです。

好きな小説があればそれを読んで時を過ごすことです。その音楽や文学の中に心の底に積もり積もった憎しみの感情のはけ口を見つけることです。

あなたのうっ積した感情に響いてくる何かが、音楽や文学にはあるに違いありません。

その音楽にいつまでも耳を傾けることです。その時に、一般的に優れたものと定評のある文学や音楽を選んではなりません。

自分の心に響いてくるものがあるかないかが選ぶ基準です。外国文学でもいいし、日本文学でもいいし、古典でもいいし、大衆文学でもいいし何でもいいでしょう。

今は、休んで次の幸せの時期の準備をする

人生には頑張る時と、休む時があります。あなたは休まないで頑張り続けてきたのです。いまはその分休む時です。

いまあなたは休むことで次の幸せの時代を準備しているのです。休んでいることが次のエネルギッシュな時代の準備をしているのだということを忘れてはいけません。

きっと春がやってくるのです。それまで休むのです。法学者であり政治学者であり偉大なモラリストであるヒルティは、「苦痛こそ『あらゆる大きな幸福への門』である」と述べています。

いまの疲れはあなたのこれからの長い人生にとって無駄ではないんです。

いまのこの「生きることに疲れた状態」は、自分の人生の中で必要なトラブルと思えばいいのです。

そして、「なぜこのトラブルが起きたのか、自分の生き方のどこに間違いがあったのか」と考え、このトラブルから学ぶことです。

つまり、「いやなことが起きた」「どうしよう、もうダメだ」「大変なことが起きた」などとパニックになるような問題というのは、じつは長い人生を考えれば本当は悪いことではないのです。悪いと思うから心が重くなり逃げ出したくなるのです。

ずるい人と離れれば自然と自信がつく

そして次のことに気がつくでしょう。つまりあなたをそれでバカにする人は、それしかないということです。

肉体的強さ、学歴、お金など、さまざまなことを自分が持っているということで、持っていない人をバカにするのです。持っている人は、持っていない相手をバカにします。

しかしたとえば学歴で人をバカにする人は、学歴しか自慢することがない人です。自分をバカにする人などに執着しても、自分に何をしてくれるというのでしょうか。

そんな人は何人集まっても力にはなりません。いま生きることに疲れているあなたが、ずるい人と別れることがあなたに与える自信ははかり知れないのです。

別れてみると見えなかったものが見えてくる

自分を頼りなく感じる人は、生きていこうとすれば1人でも生きていけるのに、1人では生きていけないと感じてしまいます。

そして1人では生きていけないと思うと、1人では生きていけなくなってしまいます。いったん別れてみれば、自分にとってデメリットだけという人にどうしてあそこまでお世辞を言い、貢ぎ、恐れていたかが不思議になるでしょう。

でも迎合している時にはそれが分からないのです。自分にとってデメリットだけということは、裏を返せば相手にとってはメリットだけということです。

しかも相手のほうが威張っているのです。メリットを与えている側が、メリットを得ている側に卑屈に迎合しています。

人から搾取されている時には、どうしても事実が見えないものです。いったん離れてみれば、「オレはなんてバカなことをしていたのだろう」と不思議に思うはずです。

しかしこうした構造は離れてみないと理解できないものです。離れてみると、その人と離れていることが「得していることばかり」であることに驚くでしょう。

しかし、つきあっている時には、その人と接すると自分が「損していることばかり」であることに気がつかないのです。

離れてみると、その人から離れてても何の不都合もないことに気がつきます。その人と離れていても何も困ることはないのです。その人たちは努力せずに幸せになることばかりを考えている人たちだからです。

それなのに、不思議なことに、つきあっている時には、何だかその人と離れると何か「困ること」が起きるような気がして不安になってしまうのです。そして嫌々ながらも何だか分からないが、つきあっていなければいけないような気持ちに陥っているのです。

しぼりとられているのに迎合してしまう理由

つまり搾取されている時に、人は搾取されているという実感を持たないのかもしれません。逆に自分を搾取している人を、「その人なしに生きることはできない」と錯覚してしまうのです。

人は搾取される度に、自分を頼りなく感じるようになる。自分は誰かが側にいないと生きていけないように感じてしまうのです。

誰かと「つるんでいなければ」生きていけないように感じるのです。その側にいる人が自分を搾取する人であっても、その人がいるから生きていけると錯覚します。搾取されてしまうと、搾取されることが当たり前のことと感じ始めてくるのです。

そこが恐ろしいことなのです。相手に貢ぐだけの関係なのに、相手がいなければ自分は生きていけないような錯覚に陥ってしまいます。

人はいまあるものが何であれ、それがなくなると思う時、不安に陥ります。別れてみれば、「なんであんな奴に迎合していたのだろう」と驚くことも多々あるのですが、迎合して貢いでいる時には、それに気がつかないのです。

貢げば貢ぐほどそれが当たり前のことになります。貢げば貢ぐほど自分が頼りなくなってきます。

それはアメリカの偉大な精神医学者カレン・ホルナイがいうように、不安から人に迎合すれば、その結果は頼りなさです。迎合すると何となく自分が頼りなくなって、その相手がいないと生きていけないような錯覚に陥ってしまいます。

自分にとって何のメリットもない人に迎合します。その人とつきあうことは自分にとってデメリットだけという人でも、いったん迎合してしまうと、その人が強い人に感じはじめます。

「相手に対する自分の行動が、相手をどう思うかを決める」というアメリカの精神分析医ジョージ・ウェインバーグの言葉はそのとおりです。

客観的に見れば、相手は強くない人です。しかし自分が迎合すると、相手が強い人に感じられてきます。自分が相手にどういう態度をとるかで、相手がどういう人に感じられるかが決まってしまうのです。

惨めな人間関係を断つことが大事

生きることに疲れたあなたは、いま人間関係を整理する時期にきているということでもあります。生きることに疲れて休むあなたにイライラする人と関係を切る時期なのです。

あなたが休めば、あなたの人間関係が分かります。誰が誠実で、誰が不誠実かが分かるでしょう。

誰があなたを利用しょうとしてあなたにお世辞を言っていたのかが分かります。疲れて休んでいることがあなたの人間関係にとって望ましいのです。疲れて休まなければ、あなたのまわりで誰がずるい人で誰が誠実な人なのかということが分からないのです。

じつはもしあなたがこの機会にいままでの搾取的な人間関係を切れれば、あなたは自分に自信がつくでしょう。

生きることに疲れたあなたは、いま惨めな人間関係に閉じこめられているのです。いま、その牢獄から逃れる良い機会なのです。

ある生きることに疲れた人が、人間関係が変わった後で「あの人たちと別れてから、日々自分が強くなっていくように感じ始めました」と口にしています。

いまは元気になったその人も、別れた当時何か良くないことが起きるような気持ちになったこともあったといいます。

人は搾取される人間関係から逃れると、心配で、神経質になり、ものすごく警戒心が強くなります。

不思議なもので、人はどんな不利益なことでも長くそれにしたがっていると、それが当たり前となり、それがないと自分が不確かになります。

著者が患者に、「搾取者から離れなさい」と言ってもそのアドバイスは有効ではないといいます。

長く搾取されていると搾取されているほうが安心します。独りになるよりも搾取されているほうがまだ良いのでしょう。

しかし別れることができれば、心理的事情は一変します。時が経てば経つほど自分に自信が湧いてくるでしょう。

そして、「自分は、何ですべての意味において損することをしていたのだろう」と思うようになります。

と同時に、あなたは、「あの人たちは、私と別れて損したなと思っているに違いない」と思うようになります。

「あの人は宝物をなくしたと思っているだろうな」と思えるのでしょう。生きることに疲れたあなたが、いまあなたを取りまいている人と別れて損することは何もないのです。

ずるい人たちとの人間関係が切れれば、「これは一方的に良いことたびばかりだ」という気持ちが日増しに強くなります。その人たちを遠くから見る度に「別れて良かった、もう損をすることはない」という気持ちが強くなります。「もう搾取されない」という安心感が心に広がっていくでしょう。

 

周りの人に迷惑をかけても、とにかく休もう

生きることに疲れたあなたはいままで頑張りすぎたのです。頑張りすぎなければ生きることに疲れることはありません。

生きることに疲れたあなたは、いま休んでよいのです。自分の心も体も休ませてあげましょう。

自分の心も体もやさしくいたわってあげることが必要です。いまは「自分にやさしく、無理をしない」ことです。

いま休むことで周囲の人に迷惑をかけることを気にしているかもしれませんが、しかしいまあなたは休んでよいのです。

心身共に元気になったらその分何倍も頑張ればいいのです。いまはもうこれ以上頑張る必要はないのです。

周囲の人からの悪評を恐れることはありません。もう周囲の人から好かれる必要はないのです。いまは静かに休むことです。

「こんな日はひさしぶりだな」と思うような日を送ることでしょう。

いまあなたが静かに休むことであなたを蔑視する人がいれば、その人はあなたが頑張っている時には、あなたから搾取する人です。

そんな人と関係が切れて良かったと思うことがあなたのためになるのです。あなたが頑張っていれば、そういう人はあなたから搾取し続けるでしょう。あなたを利用し続けるでしょう。あなたは疲れ、その人は元気になって豊かになり続ければいいのです。

うつ病者の脳は年寄りと同じ

何が原因であるにせよ、うつ病になるような人は年齢に関係なく生きることに疲れたのです。よく、「若いのだから、もっと元気を!」と言いますが、うつ病者の脳は若くはないのです。

肉体的に若くても気力はないのです。肉体的に若くても生命力は落ちているということです。生命力が衰えていれば、肉体的に若くても意味がないのです。

アメリカのABC ニュースが朝の番組でうつ病特集をした時に聞いた忘れらせりふれない台詞を思い出します。

それは解説者が、「簡単に言えばうつ病の人の脳は年寄りの脳と同じである」と言った言葉です。

具体的には脳室が大きいというのです。日本に帰ってきて脳の権威である久保田博士に聞いたら首を傾げていたので、それが絶対に正しいとは言いきれないのですが、忘れられない台詞です。

うつ病になるような人はあまりにも長い間悲しみに耐え、情緒的虐待に耐え、激しいストレスの中で生きてきたのです。周囲の人に利用されて生きてきました。

奴隷のように周囲の人に都合良く扱われることに耐えて生きてきたのです。ずるい人にいいように扱われて生きてきました。

そして脳がすり切れたのです。肉体年齢はどうであれ、その間に脳はあまりの苦しみで老化していたのでしょう。

しかし脳の老化は外には見えません。周囲の人はいつまでもきついことを要求し続けます。

人は年寄りに「走れ」とは言いません。しかし脳の老化した人には「走れ」と言います。そして走れないと「なんで走れないんだ? 」と疑問を持ちます。赤ん坊が車道を歩いていれば、人は「アブナーイ! 」と言う。しかし赤ん坊の脳を持った大人が歩いていると、人は「馬鹿野郎!」と言い放ちます。

生きるのに疲れてしまったのは

なぜそこまで生命力が衰えてしまうのでしょうか。それはあまりにも能力オーバーのストレスにさらされ続けて生きてきたからでしょう。

人は戦場のストレスは理解しています。実際には理解できなくても、ものすごいストレスだということに理解を示さない人はいないでしょう。

食程難の時代の苦しみは理解します。寒い時に着るものがないことの惨めさは理解します。長いこと食べるものがなく、寒さに耐えていたら生命力が衰えていくということに、「そんな馬鹿な」と言う人はいないでしょう。

しかし本性に逆らって生きることのストレスには理解を示しません。

たとえば、もしヘビが、生まれた時からまっすぐな竹筒に入れられて成長したらどうなるでしょう。ヘビの生命力はなくなるのではないでしょうか。食べるものがないのも苦しいが、本性を否定されることもストレスです。

そしてそれがどうしようもないと思サた時にその人の脳は変化を始めます。「長いこと本性を否定されて生きてくれば、生命力が衰えて当たり前なのである」生きることに疲れた人は具体的な困難で疲れたのか、それとも本性を否定されて疲れたのか、あるいは現実を受け入れられないから頑張りすぎたのかをいま一度反省することです。

もしあなたが現実を受け入れられないから頑張りすぎたのなら、生きることに疲れたこの機会に反省することです。そして自分の限界を受け入れることです。

もし周囲から自分の本性を否定されて、生きることに疲れた場合には、回復にはそれなりの時間がかかります。さらに周囲の人に理解を求めても理解を得るのは難しいかもしれません。

あるいはいままで「私はこれをしたい」というものが1つもなくて生きてきたのではないか。だとすればそのことも反省する機会です。

「私はどうしていつもこのような目にあわなくてはならないのですか? 」イソップ物語風に考えてみると人間の愚かさがよく分かるので、イソップ物語風に考えてみたいと思います。

「私を認めてほしい」といつも思っているウサギがいました。今日も何をしていいのか分からないウサギは、サルとヒツジが歩いている道を、サルとヒツジに誘われるままに同じように歩きだしました。

道中、サルとヒツジと同じような気分になれることで楽しい時もありました。ところが道が2つに分かれるところで、サルが、「この先から、私はこちらの道に行きます。この先に私の大好物の果物の木がありますから」と言って別れていきました。

ウサギは突然のことでどうしたらいいのか分からなくなりました。でも自分にはヒツジがいると思うと少し安心しました。しばらくすると夕方になりました。

ヒツジは「ウサギさんはどこまで行くのですか? 私はこの草原でしばらく休みます。もうしばらくすると友達が来ますからその友達とおいしい草の生えている草原に向かいます」とウサギに言いました。ウサギは、またまた突然言われて驚きました。自分はこの道を選んだのはサルとやみヒツジがいたからです。どんどん日が落ちてあたりは漆黒の閣となってしまいました。

誰もいない草原でウサギは星に向かって言いました。「私はどうしていつもこのような目にあわなくてはならないのですか? 」友達が大学に行くから自分も行こうと考える。そしてなんとなく大学に行く。親が有名な会社に行けと言うからその気になる。皆が偏差値の高い大学が良いと言うからその気になって、努力する。

でも歳をとって気がついたらまわりに誰もいない。生きることに疲れた自分は何をしたいかも分からない。生きることに疲れた時に初めて気がつく。有名大学を卒業したということで得意になっていたり、大きな会社に入れたと考えて安心していた自分は何なのだろうと。

「私はどうしていつもこのような目にあわなくてはならないのですか? 」という質問の答えは、「自分はこう生きよう」と考えることがなかったからです。人に認めてもらいたいということばかりに気をとられて生きてきたからです。ウサギは今日はとにかくゆっくりと眠ることです。明日の朝が来たら考えればいいのです。