子供は親に認めて欲しい

生きることに疲れた人は、人に認めてもらおうと無理をして頑張りすぎた結果です。人は、周囲の人から「認めてもらいたい」という欲求の強さで生き方を間違えてしまいます。

「認めてもらいたい」という欲求は、幼児期に愛されなかった人間には想像を絶するほど強いものです。普通の子供でも、何よりも望んでいるのは「思いやり」ではないのです。自分のしたことを「認めて」ほしいのです。

たとえば子供が母親に、「お母さん、荷物が重いでしょ。一緒にお使いに行ってあげる」と言ったとします。

母親は子供が遊びたいのに、お使いに連れて行くのは可哀想だと思って、「いいわよ、お母さん1人で行くから」と言いました。ところが子供は不愉快そうな顔をしました。母親は子供が遊びたいだろうと思って、「いいわよ、お母さん1人で行くから」と言ったのです。

それなのに子供はふてくされてしまいました。母親はとまどいました。子供は母親の役に立ち、認められたかったのです。

お使いに行って、母親から、「助かったわー」と言ってもらいたかったのです。そういう感謝の言葉を言ってもらえることが嬉しいのです。子供は、「お使いに行ってあげる」という自分の気持ちを感謝してもらいたかったのです。

ところが母親は「自分1人でいい」と言いました。子供は役に立つ機会を失った上に、母親から感謝をしてもらえないし、お使いに行くことで「認めてもらおう」としたが、それもできなくなつたのです。子供が面白くない顔をするのは当たり前なのです。

子供は親に何かをしてもらうことはたしかに嬉しいものです。保護を求めているし、世話をしてもらいたいのです。しかし、それ以上に求めているものが「自分のしたことを認めてほしい」ということです。

うつ病者も自分が「役に立っている」と感じる時には気分が好調です。子供は自分のしたことを「わー、すごい」と認めてほしい時に、認めてくれないと悔しいし、面白くないのです。不愉快です。相手を憎む。投げた石が木に命中した時に「わー、すごい」と認めてほしいのです。

しかし「お使いに1人で行く」と言った親は親で、子供のことを考えて言っているのにと子供のは不満に不満なります。あるいはそれ以外のことを含めて親として「こんなにしてやっているのに」と、子供の不満に不満になります。

不満になった子供だって親がしてくれたことは知っています。旅行に連れて行ってくれた、好きなお料理を作ってくれた、服を買ってくれた、病気の時に病院に連れて行ってくれた、お誕生会を開いて友達を呼んでくれた。しかしそれと「認めてほしい」という願望が満たされるか満たされないかは別の話なのです。子供は、何をしてもらっても親が「認めて」くれなければ不満です。

うつ病になるように生きてきた生き方を変える

少し難しい言葉を使えば、役割アイデンティティーだけで生きてきた人は、その重い責任からくるストレスを乗り越えられません。それに対して、きちんとした自我アイデンティティーを持って生きてきた人はその困難を乗り切れます。

役割アイデンティティーが優勢なのは憎しみによるものです。「真の恋人同士の間には、役割アイデンティティーの入り込む余地はない」と考えられています。

ここで大切なのは「真の」というところである。打算的な恋愛では役割アイデンティティーは大切です。

自分のアイデンティティーが、主任だとか課長だとかいう役割アイデンティティーが中心であれば、相手を見る時も役割アイデンティティーで見るでしょう。しかし、真の恋人同士の間ではそれがないのです。

重い社会的責任を果たす時には誰でもストレスを感じます。そして若い頃、真の恋愛をする中で身につけたものがそのストレスに対処する時にものをいうのです。

役割アイデンティティーだけで生きてきた者にはこのストレスは時に耐え難いものです。不安な緊張で消耗し、ろくに仕事もできなくなるでしょう。

仕事の能率が悪くなるから余計焦ります。そうなれば悪循環です。

昇進うつ病になる人は、昇進うつ病になるように生きてきているのです。だからうつ病になった時には、いままでの自分の生き方をもう一度ゆっくりと反省する時なのです。

自分の人生に与えられた熟考の時間として捉えましょう「いまうつ病になって良かった」と思うことです。

最後にものをいうのは人間としてのやさしさ

うつ病になるような人は、会社の仕事を少しはさぼっても心の葛藤を解決することを考えることです。小さい頃から真面目人間すぎた人は、会社を休んで少し遊んだほうが長い人生を考えれば効果的な時間の使い方となるでしょう。

出世が少し遅れても最後にはそのほうが会社でも伸びるでしょう。「役割間葛藤」とは、父としての役割と課長としての役割の調整の失敗などであると紹介しました。挫折する人は、父親としての仕事に時間とエネルギーを使うことは課長としての仕事に障害になると考えています。

じつはこの考え方が、長い人生での挫折の一原因でもあるのです。仕事も最後には人間としての器量がものをいう。新入社員の頃は英語ができるとか、字が椅麗だとか、数字に強いとか、コンピューターの操作が上手いとか、細かい事務が得意だとかいうことがものをいうかもしれません。

しかし、次第に重い責任を背負わなければならなくなってくるのです。そうなつた時に大切なのは人間としての器量です。そこには父親としての仕事を果たす間に培われるものもあります。

若い頃、友達と野山を歩いた時に身につけたものも大切になります。恋人とのつきあいも知らず知らずのうちに人を心理的に成長させてくれます。最後にものをいうのは人間としてのやさしさです。

心のふれあえる人間になっているかどうかということです。つまり心のふれあえる人間には心の葛藤がないのです。「ない」と言っては言いすぎなら「少ない」ということです。心のふれあえる人間には葛藤が少ないから、ストレスで負けるということが少ないのです。

葛藤は重荷となって心をの疲弊になる

「役割問葛藤」と「役割内葛藤」という言葉があります。これは、「役割内葛藤」とは「ある地位への執着と、その地位への不安」です。

「役割間葛藤」とは父としての役割と課長としての役割の調整の失敗などです。ある短い期間、活動的な人はたくさんいます。それは短い期間では「役割内葛藤」が生じてこないからです。

「役割内葛藤」の典型的な例は昇進うつ病です。昇進したいが、昇進した後に仕事がこなせるか不安になります。

昇進がきっかけでうつ病になった私の体験談 – うつ病になったきっかけ(私の体験談)

葛藤は人の能力を落としています。葛藤は「役割間葛藤」であれ「役割内葛藤」であれ、能力を発揮することの障害になります。葛藤を持っていることはものすごい荷物を持って歩いているということです。

「人生は重荷を背負って坂道を歩いて行くようなものだ」と徳川家康は言いましたが、現実の重荷ならいいが、心の葛藤という心の重荷だと、ほとんど確実に何らかの挫折が待っているのです。心の葛藤を持っている人は、外から見ると何も背負っていないように見えてしまいます。

しかし、見えない重荷を持っているからいつも疲れています。活動的ではないのです。じつはそういう人は、体に鞭打って会社に行っても先は開けていません。待っているのは挫折です。ひどい時には「燃え尽き症候群」にかかり、燃え尽きてしまいます。あるいはうつ病になるでしょう。

自分の本当の姿を否定してしまうと生きるエネルギーを失う

働くことで、ますますエネルギッシュになる人と、うつ病になる人のように、消耗してしまう人と、どこが違うのでしょうか。

それは自分の本性にそって自己実現している人と、自分を欺いて無理をして頑張っている人の遠いです。うつ病になるような人は自分を欺いて無理をして頑張っている人です。

長い期間にわたってもっとも活動的な人間は、その年齢にふさわしい心理的に成長した人間と言えるでしょう。これは、自己実現型の人です。「神のために働くとき、額の汗は神経強壮剤だ」という言葉が当てはまる人です。「神のために働く」とは、自分が周囲の人から誉めてもらうために働いているのではありません。それは自分への執着がないということです。

そこが強いところです。「神のために働く」人にはストレスがありません全くないわけではなく少ないということです。自分のできることを必死でしているだけだからです。だから活動的でもあるし、持続もするのです。

うつ病になるような人の努力は自分の本性を否定する努力ですから、努力すればするほど消耗してしまいます。生きるエネルギーを失います。

神経症の一症状としての「神経症的非利己主義」と言った人もいました。こういう人には愛がありません。何をするにも見返りを求めているからです。

これに関連した症状として、たとえば抑うつ、疲労、働くことへの無能力、愛の関係の失敗などをあげています。

神経症的非利己主義者はこういうような症状に悩んでいます。これらは、無理をして自分がなくなることから出る症状です。

このような症状の人は憎しみに満たされています。神経症的非利己主義の人は、なぜこういう症状、つまり生きることに疲れるのでしょうか。

それは自分がチューリップなのにタンポポの花を咲かせようとしているからです。だから自分は努力しているのにいつまでたっても花が咲くことがありません。他の人はそれぞれ自分の花を咲かせています。他の人はそれぞれに自分の目的を持って旅立っています。しかしこういう人はいつも同じ駅にいます。だからさまざまな症状が現れるのです。

「よい子」特有の悲しみ

子供が「自分で自分を守る」とは、相手のお気に入りになることでもあります。それがいわゆる「良い子」ということです。

心の葛藤に苦しみながら社会的には過剰に適応しているのです。このいわゆる「良い子」は対価なしに何かをしてもらえるという体験がないのです。自分が何らかの犠牲を払わなければ人は自分に何かをしてくれないと感じています。だからいつも人の機嫌に怯えているのです。無力な子供は人の機嫌を損ねたら自分は生きていけないと感じているのです。

そこでいつも周囲の人の機嫌に怯えているのです。無力な子供は人のお気に入りになることでしか、自分の生存は維持できないのです。大人になってからは違ってくるかもしれません。

しかし、すでに大人になった時にはそのような感じ方のニューロンのネットワークが出来上がってしまっています。だから大人になってその人の周囲の現実は、小さい頃と違っていても、その人の感じ方は変わらないのです。

その人の周囲の人への怯えは小さい頃と変わりないのです。怯えながら生きる1日は膨大なエネルギーを必要とします。あまり社会的に活躍していない人が「生きることに疲れた」と言えば、心理的に健康な人は「そんなに色々なことをしていないじゃないか」と思うかもしれません。

しかし1日を生きるエネルギーは人によって違うのです。安心感のある人は仕事をすればするほどエネルギッシュになります。不安に怯えている人は何もしないでも疲れてしまいます。生きているだけで消耗するのです。働くことでエネルギッシュになる人と、働くことで消耗する人がいるのです。

子供の頃、誰も自分を守ってくれなかった

自分の周囲の人が自分のことを思って行動してくれた体験がないまま育てば、その人は人の好意をなかなか信じられません。大人になって人が自分のことを考えて行動してくれても、それを好意と感じ取ることは難しくなります。それが人を信じることができないということです。

「こうしたら子供が満足するだろう」と考えて行動する母親がいます。そうした母親を持った子供は、大人になつて人の好意を信じることができるでしょう。

しかし一度としてそのような体験がなくて育った人は人の好意を信じられないのです。子供の頃、誰かが自分のことを守ってくれた体験を持つ者と、自分で自分を守る以外に生きる方法がなかった子供とでは、大人になってからのものの感じ方が違います。

1日を生きるエネルギーが違います。誰かが自分のことを守ってくれた体験を持つ者は安心感を持って生きられます。そうでない者は不安に怯えながら緊張して生きます。ただ生きているだけでエネルギーを消耗します。生きることに疲れた人はこのタイプである。

心の弱い人は生きているだけでエライ

しかし、非抑制型の人で親から愛された人は、生きているということは当たり前のことであり、偉大なことでも何でもありません。

社会のために尽くし、人のために働き、自分のことを後にして人のことから先にしても、それはある視点から見れば大したことではなく、当たり前のことです。

同じ生きていてもその価値は、天と地ほどの違いがあります。もちろん社会的に見れば、社会に貢献した人は偉大な人です。人は「病弱に生まれた子」というと、案外簡単に理解します。しかし病弱に生まれるというのは、体のことばかりではない。心についても同じように病弱に生まれる子がいるのです。

心の病弱な子として生まれた人は、いま自分が社会的にまともに生きていることは「とてつもないこと」なのだと評価をしていいです。生きることに疲れたあなたは、自分が偉大なことを成し遂げているのだと気がついてほしいのです。

死んで当たり前なのに生きているのであるのです。死んで当たり前の人が生きているのと、生きているのが当たり前の人が生きているのとは違います。死んで当たり前の人は、生きていることだけで価値があるということです。

大切なことは小さい頃から心を搾取された人が、いま自分が生きているということの偉大さに気がつくことです。

本当に努力した人は、本当に自信を持ちます。外の困難と闘う人と自分の内側の幽霊と闘わなければならない人とがいます。自らの心の傷と生涯をかけて闘わなければならない人間もいます。

出来上がったニューロンのネットワークで外の敵と闘っている人と、出来上がったニューロンのネットワークをつくり替えるために闘わなければならない人とがいます。

自分の脳を変えなければ、まともに生きていけない人がいます。授かった自分の命で外敵と闘っている人と、出来上がった自分を変えるために闘つている人とがいます。闘うことそのことが意味のある人もいれば、勝つことが意味のある人もいるのです。

生きることに疲れたら、休むという自然な形

人生を山にたとえるなら、同じように山を越えているように見えても、それぞれはまったく違った山を越えています。

ある人は、その山を越えた時に大事業を成し遂げたのかもしれません。それは毒ヘビが現れ、嵐に襲われる中を越えたのです。「よく生きてここまでたどり着いた」というほどの苦しさです。

しかし、同じように見える山でも、ある人にとってはお花畑を晴天の日に散歩しながら越えるかもしれません。

外側から見れば「親子の役割逆転」をしている親子関係も、そうでない親子関係も同じように見えます。片方は搾取に耐え、殺されることなく頑張って生き延びたのです。

普通ならノイローゼになって自滅していてもよい環境の中で生き延びたのです。それは「生き延びた」というだけでものすごいことです。

つまり、いま生きているということ自体が奇跡といえるほどです。その人は自分を守り抜いたのです。

あらゆる破壊と闘い、自分を守り抜いたということです。生きることに疲れるのは当たり前です。それは偉大な人生です。

不幸な星のもとに生まれた人は、生きているというだけで偉大なのである。生きることに疲れたあなたは、もう何をするエネルギーも残ってないでしょう。つまり、生きることに疲れたあなたにいま必要なのは休むことです。

そして休んでいる時に「こんなことをしていられない」と焦る必要はないのです。生きることに疲れたあなたは、いまこうして生きているということだけで偉大なのです。よくここまで犯罪も犯さず、自殺もしないで頑張って生き延びてきたのです。あなたと同じ環境に生まれて、心の傷を癒すために犯罪を犯した人はたくさんいます。いまこうして疲れて生きていることは、そのことだけで立派です。

憎しみが限界を超えると「うつ」になる

親から利用されて育ってしまうと、人から利用されることを当たり前と受けとってしまいます。「親から利用される」ということを、不思議に思う人がいるかもしれません。

しかしうつ病になるような人は、家族の中で誰よりも早く起き、誰よりも遅くまで働き、そして誰よりも感謝されない子供です。

家の仕事は、いまはもう昔のようになくなったかもしれません。昔は普通の家でも、薪を割ることから雑巾がけまで、家の仕事はきりがないほどありました。トイレは、当然、水洗ではありません。

その掃除は誰もしたくない。しかし誰かがしなくてはならない仕事です。

さらに社会人となって稼ぎだせば、すべて親が召し上げてしまいます。自分のために使うことは許されません。

昔の農家の嫁を考えてみれば理解できるでしょう。嫁は労働力と考えられていました。要するに、冷たく支配的な親の元では、家族は家の使用人のようなものです。

そして、誰かが家の使用人として選ばれるのです。いじめる人間は誰でもいじめるわけではありません。必ずいじめる人間を選びます。

同じように、冷たく支配的な親は、利用する子供を選びます。家族の中で誰かが選ばれるのです。そうして選ばれた人間は、大人になってから、家族以外の人とのつきあいでも同じようにするのが当たり前と感じてしまうのです。

周囲のずるい人間からいいように利用されても「憤慨する」ということがありません。上司からおだてられて、いいように利用されている部下はいまでもたくさんいます。

劣等感のある部下は利用されて喜んでいます。利用されることしか生きる方法が分からなくなっているのです。

しかしその間、本人が気がつかないうちにものすごい量の憎しみが心の底にうっ積します。その憎しみを吐き出す方法が分からないままに限界を超えた時に、人は憂うつになります。生きることに疲れ、どうしていいかわからなくなってしまうのです。