物忘れにはホスファチジルセリンが効く

脳には大量の脂肪組織やリン脂質が含まれており、フリーラジカルの攻撃を非常に受けやすい特徴があります。

しかし、リン脂質を補充すれば脳機能は強化できます。リン脂質は、細胞を結合させるだけでなく、細胞に出入りする物質を調節します。また、脳の重要な機能である、細胞同士の情報伝達にも関与しています。

ホスファチジルセリン(PS)は、脳にもっとも豊富に含まれるリン脂質のひとつです。主な役割は脳細胞から脳細胞へ情報を伝達することです。ホスファチジルセリンは、レシチンと同じリン脂質で、大豆から抽出されます。脳の細胞膜に多く含まれており、40歳を越えると年齢とともに不足していくと言われているため、高齢者には特にサプリメントでの補給が推奨されています。

ホスファチジルセリンサプリメントは、脳機能にたいへん効果があります。PS(ホスファチジルセリン)は、食事から充分に摂取することが難しい成分です。

かつてはホスファチジルセリンの多くは、牛由来の動物性のものでした。また牛の脳から抽出されるため、安全性に問題が出てきたことから、今では大豆由来の成分が主流となっています。

最近行われたある研究で、老化に伴う記憶の喪失(歳をとると経験する物忘れ) があると診断された50歳から70歳までの149人の健康な男女に、毎日100mgのPS、もしくは偽薬を12週間投与しました。

するとPSを摂取していた人は、電話番号を記憶する、人の名前や顔を覚えるなどの記憶能力が著しく向上しました。一方、偽薬を摂取していた人には、特別な変化は見られませんでした。まずは毎日200mgを摂取するようにしてください。
そして、4週間後に、摂取量を1日100mgに減らしてください。

ホスファチジルセリンサプリメント

最強の記憶強化剤、プレグネノロン

エストロゲンやテストステロン、DHEAなどのホルモンは生殖活動とかかわりがあり、同時こ申を神経伝達物質でもあり、感情と精神機能を維持する働きをすることがわかっています。こういったホルモンが減少することにより、脳機能は老化します。

現在、新しい天然ホルモンのプレグネノロンが市販されており、記憶強化物質としては現段階でもっとも効果が高いとされています。

最近行われた動物実験では、このホルモンに含まれるごく少数の分子がマウスの記憶力を著しく向上させたそうです。このことは人体に応用できる可能性が高く、研究者の間で話題となっています。

事実、プレグネノロンは人体に素晴らしい効果をもたらしています。1940年代には、プレグネノロンが工場労働者やパイロットの学習能力の向上や、感情の高揚、労働能力の向上に効果のあることがわかりました。

当時、プレグネノロンは関節炎治療薬として開発されていましたが、コルチゾンが開発されたことから、研究が中止になりました。最近になって、老化防止薬としての効果が研究者たちの関心を集めています。プレグネノロン安全で、これまでのところ副作用は報告されていません。摂取量は1日50mgです。

プレグネノロン

マグネシウムは神経機能の効果的な働きに不可欠

このミネラルはアテローム性動脈硬化症や高血圧など、精神機能低下の原因となる多くの病気を予防してくれます。また、神経細胞の調節にも不可欠で、ニューロンの活性を調節する役割をしています。

マグネシウムが欠乏すると多動性障害(ADD) を引き起こすのですが、ほとんどのアメリカ人はマグネシウムを十分に摂取しておらず、摂取量は下降線を辿っています。毎日250~500mgのマグネシウムを摂って、欠乏症を予防してください。

カルシウムとマグネシウムには鎮静作用がある ストレスVSサプリ

学習能力や記憶力を高めるヒューペルジンAとB

ヒカゲノカズラ茶(石松子)から得られるこの天然化合物は、強力な記憶強化剤であることがわかっています。中国マテリア・メディカル研究所の研究報告によると、ヒユーペルジンA とBには学習能力や記憶検索能力、記憶力を向上させる働きが確認されています。

成分表示にヒューペルジンA とB (ヒカゲノカズラ茶)と書かれている、精神機能を強化する複合剤を探しましょう。

ヒューベルジン

体内の血流を促進する効果があるセンテラ

ブラーミとして知られるハーブ、センテラは、インドや中国で何千年もの間、使用されてきました。最近の研究により、センテラには血管や毛細血管を強化して、脳をはじめ体内の血流を促進する効果のあることがわかりました。

成分表示にセンテラと書かれている、脳機能を高める複合サプリメントを探してみてください。

ゴッコーラ(センテラ)

ギンコウで脳内化学物質を増やし、脳を活性化

氷河期からこの世に存在するギンコウには、バイオフラボノイド(強力な抗酸化物質) や、薬効のあるほかの化合物が豊富に含まれています。

動物実験により、ギンコウはドーパミンという、体内の情報伝達能力を高める脳内化学物質を増加させることがわかっています。また、人間の脳を活性化させる働きもあります。脳の血行不良の治療薬としての研究が行われ、非常に有望な結果が出ています。

最近フランスで行われた研究では、60歳から80歳までの軽い精神機能障害患者にギンコウサプリメント、もしくは偽薬を摂取してもらい、その一時間後に情報処理能力を試す総合テストを行いました。

すると、ギンコウを摂取した患者の成績は非常に優秀で、それは健康な若者のレベルに近いものでした。摂取量は6mgの標準的カプセルを1日3錠までです。

痴呆症にイチョウ葉エキス | 100種類のサプリメントの効能と効果
https://more-supplement.info/use/archives/27

記憶力や精神機能を強化するDMAE

体内で生成されるジメチルアミノエタノール(DMAE)は、アセチルコリンを増加させて記憶力や精神機能を強化するサプリメントです。

単体のものもありますが、多くの場合は、認識機能を向上する複合剤に配合されています。DMAEは血液脳関門を通過し、必要としている脳細胞に確実に到達できる数少ない物質です。

最近、DMAEが子どもの多動性障害(ADD)に効果があることがわかり、この病気によく処方されるリタリンに代わる天然物質として広まってきています。

毎日1~2錠摂取してください。

DMAE

脳の信号伝達に必要な細胞膜を機能させるDHA

魚が脳によい食物とされるのには、それなりの理由があります。魚は、脳の灰自質に多く含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)という脂肪酸を豊富に含んでいます。DHAは脳の信号伝達に必要な脳細胞膜を機能させます。

今世紀になってから、私たちのDHA の消費量は確実に低下しています。250mgのカプセルを1日3錠摂取してください。

脳の働きを効率アップ | サプリ 効果
https://www.supple-e.net/hello-world/

転移酵素を生成させるL-カルニチン

からだはL-カルニチンから、脳でのコリンの代謝とアセチルコリンの分泌を高めるアセチル・L-カルニチン・トランスフェラーゼ(転移酵素)を生成します。

コリンは卵や大豆、キャベツ、ピーナッツ、カリフラワーなどに多く含まれています。摂取量は1日3mgまでです。

カルニチンは脂肪酸を燃やすカギ
https://www.vitamindiet.biz/%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%b3%e3%81%af%e8%84%82%e8%82%aa%e9%85%b8%e3%82%92%e7%87%83%e3%82%84%e3%81%99%e3%82%ab%e3%82%ae/

記憶力を高める「コリン」

脳細胞は、神経伝達物質と呼ばれる化学物質を分泌することで、お互いに「話をして」います。その神経伝達物質のなかでも、もっとも重要なのがアセチルコリンです。

歳をとると神経伝達物質が七十パーセントも減少し、脳が老化します。研究者の間では、コリンサプリメントに、中年期以降の脳の正常な老化を遅らせる効果があるのではないかと考えられています。

コリンから脳の記憶機能に必要なアセチルコリンがつくられ、アセチルコリンはシナプス(脳細胞間の伝達ポイント)などの神経細胞膜を相互作用させるので、脳細胞同士は「話をして」情報を共有できるのです。歳をとるとアセチルコリンの生成量が減少し、生成されたアセチルコリンの効力が衰えるため、高齢者の多くは忘れっぽくなります。どれだけ効率よくコリンを体内で使用するかは、ビタミンB12や葉酸、L-カルニチンなどの体内量によって左右されます。
コリンはホスファチジルコリンやホスファチジルイノシトールという名で売られており、どちらも簡単に入手できます。摂取量は毎日1000~3000mgです。

低分子レシチンによるうつの解消
https://108-blog.com/depression/