フリーラジカルとたたかう抗酸化物質

脳は50パーセント以上が脂肪組織で構成されているため、フリーラジカル(細胞が酸素を使用することで生成される不安定な不対電子) の攻撃をとくに受けやすいのです。

事実、フリーラジカルによって脳細胞が破壊されることが、アルツハイマー病やパーキンソン氏病などの脳疾患の原因だと考えられています。若い頃は体内にフリーラジカルの攻撃から身を守る抗酸化物質の強力なネットワークができていますが、歳をとると体内で生成される抗酸化物質が減少します。そういう理由から、抗酸化物質を補ってやることが大切なのです。抗酸化物質には単体のものと複合剤があります。脳に有益な抗酸化物質をいくつかご紹介します。

フリーラジカル消去作用を高める味噌汁の作り方
https://full-power.info/archives/1491

フリーラジカルの「毒」を消す細胞の仕組み
https://full-power.info/archives/1374

ブドウ種子抽出物

フラボノイドに似たプロアントシアニジンを豊富に含むブドウ種子抽出物はフリーラジカルから脂肪細胞を保護します。また、動脈の健康維持に不可欠であるコラーゲンを保護する働きがあることから、心臓病の予防効果もあります。摂取量は1日2錠までです。
ブドウ種子抽出物

ビタミンE

ビタミンE を摂っているお年寄りは、そうでない人と比べて機敏です。その理由もはっきりしてます。強力な抗酸化物質であるビタミンEは、脳にたいへん効果があります。

ある研究で、それほど症状が重くない早期アルツハイマー病患者に処方薬と2000IUのビタミンE、あるいは偽薬を2年間投与しました。その結果、ビタミンEだけでも、処方薬より遥かに効果があり、アルツハイマー病の進行を遅らせることができるという結論に達しました。

ビタミンEは、フリーラジカルの攻撃から身を守るだけでなく、脳細胞の破壊を早める原因となる心臓病を予防する働きもあります。
また、別の研究では、人間に換算すると400IUに相当する量のビタミンEを毎日ラットに与えました。すると、ビタミンEを注射することにより、ラットの脳(人間も同様) に含まれるたんばく質が酸化しない、つまり脳の老化が原因となる消耗が起こりませんでした。ビタミンEには「古い」脳を若く保持する効果があるという結論に達したのです。
ドライタイプのビタミンEを毎日400IU摂取してください。
理想的なビタミンEの摂取方法

リポ酸

リボ酸は、体内に存在するほかの酸化剤の活性を強化することから、万能抗酸化剤として知られています。また、脂溶性でも水溶性でもなく、すべての細胞に浸透する、非常に独特な物質です。

ほかの抗酸化剤はそれぞれ1~2種類のフリーラジカルに対する効果しかありませんが、リボ酸にはさまざまな種類のフリーラジカルを抑制する(攻撃力を弱める) 力があります。

リボ酸は血液脳関門(血液中の物質が脳に移行するための脳血管と脳の間にある機能的関門のこと)を通過して、傷ついた脳細胞を修復します。動物実験では、卒中(一時的に血液と酸素の流れが停止し、重度の記憶の喪失と錯乱を引き起こす病気)による脳の損傷をリボ酸が完治させることがわかっています。
卒中によるダメージの大半はフリーラジカルの増殖が原因であるため、この事実は理にかなっています。まもなべリボ酸は、脳の健康に重要な抗酸化剤として有名になるでしょう。摂取量は1日100mgまでです。
αリポ酸の注目すべき効能11項目 | αリポ酸の効能、効果

補酵素Ⅰ

補酵素Ⅰ として知られるNADH(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド) は、脳の強壮剤となり得る抗酸化剤です。
アルツハイマー病患者は、同年齢でフリーラジカルの影響を受けていない人と比べ、NADH量が25~50%も少ないのですが、ある研究で、アルツハイマー患者に毎日10mgのNADHを与えたところ、認識機能と記憶力が明らかに改善されました。摂取量は5mgの錠剤を1日2錠まで、空腹時に摂取してください。
NADH

脳は常に栄養分を求めている「精神、肉体に効くサプリ」 脳の老化 vs サプリ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください