セロトニンを増やすための日常動作のコツ

日々の暮らしの中でもセロトニンアップのコツがある

セロトニンアップの食べ物と日常動作を組み合わせれば効果倍増

セロトニン神経を鍛えるのはリズム運動

通勤、通学
太陽光はセロトニン神経を活性化させてくれます。通勤・通学で朝の光のなかを歩くことは、毎日できる山間単なセロトニントレーニングになります。

ウォーキングのような早足は必要ありませんが、かといってダラダラ歩いていては、セロトニンを増やす効果はありません。
朝日を浴びて胸を張り、元気よく歩く必要があります。さらにこのときに腹筋呼吸も意識するとより効果的ですセロトニン神経が活性化され、会社や学校に着いたあと、気持ちよく1日のスタートをきれます。

仕事、勉強
緊張が高まることを「息が詰まる」と言います。プレッシャーを感じるようなことがあったら、いったん、休憩をとって腹筋呼吸を5分間行います。
休憩のたびに行うとようにして習慣化するといいでしょう。会社に勤めている場合は、休憩すらとる時間がないこともあります。その場合は、許されればガムを嚙みます。ガムをかむリズム運動がセロトニン神経を刺激します。くちゃくちゃ
入浴
入浴中は疲れもとれ、筋肉もほぐれて1日のなかでも最高にリラックスした状態。腹筋呼吸をするには最適です。ぬるめのお湯に胸から下が浸かる半身浴の状態で、20分ほどゆっくりと呼吸法を行ってください。

半身浴 | 便秘は冷えが原因
https://constipation-guide.net/cold/?p=188

水圧の力で、腹筋もかなりラクに収縮させることができます。息を吸うときは、少し息苦しいかもしれません。早めにさっと吸ってください。湯気がたちこめている状態なので、少し伸び上がるようにすると、息を吸うのがラクになります。

趣味
新しいことにチャレンジしたい、何かおけいこごとを始めたいと漠然と思っているなら、セロトニンを増やす効果がある日本の伝続的な道が特におすすめです。茶道なども。

武道はセロトニン神経を鍛え、いつでも落ち着いた行動がとれるようになる

戦国ゲームやマンガの影響で、武道に興味を持つ女性も増えています。なかにはたて自分もサムライの世界を体感してみたいと、剣道や殺陣を習う人もいるとか。もともと武道は、古来より、坐禅の修行とセットで極めるものでした。

いまでも「○○道」と名がつく日本の伝統的な武道は、型のテクニックと同時に、呼吸法を指導しています。声を出して気合を入れるものがほとんどで、このときも「腹から声を出せ」と、腹筋呼吸の指導を受けます。武道を習い、体を鍛えながら、自然とセロトニン神経も鍛えられるというわけです。

「茶道」花嫁修業をしながらセロトニンを増やす

花嫁修業としても人気が高い茶道ですが、千利休が始めた戦国のころの時代背景を考えると、そのルーツは武士のたしなみであったことがわかります。

一期一会という言葉にも、戦に立つ武士とは二度と会えないかもしれないという思いが込められています。いまではさまぎまな流派がありますが、どの流派も姿勢をしやんと伸ばし、長時間座ることから始めます。茶会の間、静かな空間で背筋を伸ばしているためには、深い腹筋呼吸が欠かせません。浅い呼吸だと、すぐに疲れて姿勢が崩れてしまいます。

このときに重要なポイントになるのがセロトニンです。姿勢を保つために腹筋呼吸をすればセロトニン神経が活性化しますし、セロトニンが増えれば、背筋が伸びた正しい姿勢をラクに保てるようになります。そのくり返しで体内のセロトニン濃度が上がり、いつも落ち着いた気持ちでいられるようになります。

「能」腹筋呼吸と発声でセロトニンを増やす!伝統的な総合芸術

能は、室町期に世阿弥が集大成した、歌、舞踊、楽曲、演劇が合わさった総合舞台芸術。日本の伝統芸能のなかでも、もっとも格の高いもののひとつです。

気軽に習えるものではありませんが、最近はカルチャースクールなどで、伝統芸能のプロモーションの一環として、教室が開かれることもあります。

るやかで象徴的な舞が特徴ですが、この動きは体の筋肉が引き締まっていなければ美しく見えません。特に、インナーマッスルを鍛えることで、しなやかな動きをつくり出しています。

歌声は典型的な腹筋発声法です。どっしりとした風情を出すため、下腹部に重心を置いて、腹筋呼吸をしながら舞い歌うのです。セロトニン強化に対しても総合的な動きを持っているわけです。狂言も能から派生した伝続芸能です。こちらは、家元によっては一般向け教室を開いているところもあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください