疲れ目でめまいが多発!リフレのブルーベリー&ルティンは目と脳の血流をアップ

眼精疲労が悪化すると自律神経が不安定になりめまいも慢性化する

最近、増えている「めまい」の現れ方は人によって千差万別です。めまいが起こるしくみは非常に複雑で、耳や脳だけでなく体のさまざまな部分の異物が関係しています。

人間の体には、頭や体の位置を確かめてバランスを維持するしくみが備わっています。その中心的な役割を担っているのが、耳の鼓膜よりも内側に位置する内耳の「三半規管」です。三半規管は、体の傾きや回転の加速度を感知するセンサーの働きをしており、異常が生じるめまいが起こります。

めまいの大半は、体の平衡感覚をつかさどっている内耳の機能障害によるものと考えられます。
耳の若返り大作戦とその方法で紹介されている方法でめまいが改善する人もいます。

しかし、目や脳、筋肉・関節といった運動器官の異常が、めまいの原因になっている場合も少なくありません。

私たちは日ごろ、外部からのさまざまな情報を取り入れて脳に伝達しています。中でも目で見ることによって得られる情報は、全体の8~9割を占めています。

視覚の情報から得られているといえます。視覚の情報は視神経を通じて脳へ送られ、左右の側頭葉という部分にある頭の位置を認識する部分に伝わります。

ところが、何らかの理由で目が正確な情報を収集できず、左右対称でない部分が生じると、脳が混乱をきたして、めまいにつながる可能性があるのです。

めまいが起きているようであれば、原因の1つとして視覚の異常が考えられます。加齢黄斑変性などによって起こる視力の左右差や眼精疲労(重度の疲れ目)がきっかけとなり、めまいを招くことも決して少なくないのです。

単なる疲れ目だと軽く考えていると、やがて慢性的な眼精疲労に陥り、めまいをはじめ、頭痛や首・肩のこり、倦怠感などが長く続くことで、自律神経の働きにも乱れが生じ、めまいを一段と悪化させます。

眼精疲労の患者さんに
ブルーベリー&ルティンを試すと全員の視力が向上し頭痛も改善した

慢性的なめまいや頭痛を伴うほどの眼精疲労の改善には、目の血流を大幅に増やして、酸素や栄養を十分に行き渡らせることが重要になります。

そこで有効に働くのが、ブルーベリー&ルティンです。ビルベリーの主成分であるアントシアニンは抗酸化カが非常に強く、目の血流を大幅に増やして網膜の動脈硬化を防ぎます。

さらに、目だけでなく脳の血流も改善させることが大切だと考えルティンが入っているブルーベリー&ルティンを飲んでもらいました。私は、眼精疲労に悩む30人の方に、ブルーベリー&ルティンを3ヶ月間試飲してもらう試験を行っています。

30人全員が日ごろから目の疲れや痛みを実感し、そのうち7割もの人がめまい、頭痛、肩こりなど何らかの身体的な不調を自覚していました。

眼精疲労の程度は、瞳孔の大きさを見れば判別できます。20~40歳の健康な人は、瞳孔の大きさが4~6 mm。眼精疲労が悪化すると、瞳孔は縮小します。

協力してくれた30人の瞳孔は、2~3 mmまでに縮小していました。ところが、ブルーベリー&ルティンを飲んで3ヶ月後の検査では、30人全員の瞳孔が4~6 mmに回復。さらに、視力も全員が向上し、目の重苦しさや痛み、眼精疲労に伴うめまいや頭痛といった症状も全員が改善していたのです。

目の負担を軽減してくれる、リフレのブルーベリー&ルティン(シジミブルーベリー&ルティンの使用感、口コミ)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください