アルコール依存症

覚醒剤やシンナーなどの依存もありますが、ここでは、きわめて一般的なアルコール存症についてです。なお、アルコール依存症は、従来の精神医学では、「アルコール中毒」、あるいは「アルコール嗜癖」と呼称されていました。

それが、「アルコール依存症」ということが一般的になった背景には、こうした社会的状況があったと考えられます。

しかし、アルコール(他の薬物も同じであるが) は、薬物であり、依存するという心理的側面以上に薬理学的な人体への反作用もあるので、最近は改めて「アルコール嗜癖」という呼称が復活しっつあります。

一般的に、依存は、身体依存と精神依存とに分けられますが、アルコール依存は、両方とも起きやすい特徴があります。

身体依存は、離脱症状群(いわゆる禁断症状) などで、だれが見てもわかりやすい。精神依存というのは、買い物依存症やパチンコ依存症と同じで、お酒がないと「落ち着かない」「探し出すまで、騒いでいる」などの薬物探索行動というような状態になります。

精神依存とはいっても、純粋に心理学的ということはありえず、脳内報酬系(脳内ホルモンの分泌の変動が心理を刺激しているという生理学的研究にもとづいています。

パチンコ依存症などでも、「フィーバー(大当たり)」のときに、ベータ・エンドルフィンが異常に増加するという報告などもある) などの身体的な条件をともなっています。
つまり、精神依存症は、現象的に身体依存と区別していますが、身体依存と連続しているものです。

アルコールに対して精神依存の状態にある人は、数えられないくらい大勢います。飲酒は、ふつう、機会性飲酒と習慣性飲酒とに分けられます。

機会性飲酒とは、友だちに会ったときなどにたまたま飲む人のことです。習慣性飲酒とは、「積極的に飲む機会をつくる」「ひとりでも食事のときに飲む」「飲む食事が、飲まない食事よりも自然」というような人です。

後者は、すでに精神依存です。精神依存の状態であっても、たとえば、夜勤とか飲んではいけない状況ではでがまんできるとか、医師から禁止されたときはやめることができるとか、自制(自立) できれば、問題ないのです。

それが、「かくれて飲酒する」「(量などの)ウソをつく」「(飲まないと) 眠れない」などの症状にいくと、精神依存も身体依存に近くなってるのです。

アルコールは、世界中がそうであるが、人間関係を円滑にするとか、お祝いごとを高揚させるとか、悲しみを癒すとか、その効用は限りありません。
しかし一方では、きわめて安上がりのレクリエーションの手段でもあります。さらに、商業主義によってつくられた飲酒文化は、大量飲酒、習慣性飲酒をつくりあげています。だから、当然のこととして、日本にもアルコール依存症患者は多いのです。240万人くらいといわれていますが、実数は把握できていません。

精神依存は、社会的にやむをえないだろうとされる飲酒行動との境界線は、あってないようなものだからです。少なくとも次のような状態におちいっている場合は、「アルコール依存症」と考え、依存から脱出することを考えなければ危険です。

  1. 飲酒によって、交通事故をおこす、職場を休む、仕事をためてしまう、人との約束を守れないなどの社会的行動に障害があらわれていること。
  2. 内科などで、慢性疾患が指摘され、その病気の発症及び経過にアルコールが影響していると、医師が告げたとき。
  3. 離脱症候群(いわゆる禁断症状)を経験したとき、物忘れ、妄想などの出現したとき。

依存からの脱出とは、節酒あるいは断酒です。依存症になってしまった人は、基本的には節制、自制ができなくなってしまった人ですから、節酒というのは現実的にはほとんど考えられないでしょう。したがって、依存からの脱出は、断酒することと同じです。
2週間の禁酒が脂肪値を半分になども励みになるかもしれません。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です