記憶力を高める「コリン」

脳細胞は、神経伝達物質と呼ばれる化学物質を分泌することで、お互いに「話をして」います。その神経伝達物質のなかでも、もっとも重要なのがアセチルコリンです。

歳をとると神経伝達物質が七十パーセントも減少し、脳が老化します。研究者の間では、コリンサプリメントに、中年期以降の脳の正常な老化を遅らせる効果があるのではないかと考えられています。

コリンから脳の記憶機能に必要なアセチルコリンがつくられ、アセチルコリンはシナプス(脳細胞間の伝達ポイント)などの神経細胞膜を相互作用させるので、脳細胞同士は「話をして」情報を共有できるのです。歳をとるとアセチルコリンの生成量が減少し、生成されたアセチルコリンの効力が衰えるため、高齢者の多くは忘れっぽくなります。どれだけ効率よくコリンを体内で使用するかは、ビタミンB12や葉酸、L-カルニチンなどの体内量によって左右されます。
コリンはホスファチジルコリンやホスファチジルイノシトールという名で売られており、どちらも簡単に入手できます。摂取量は毎日1000~3000mgです。

低分子レシチンによるうつの解消
https://108-blog.com/depression/

脳は常に栄養分を求めている「精神、肉体に効くサプリ」 脳の老化 vs サプリ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください