うつ病になるように生きてきた生き方を変える

少し難しい言葉を使えば、役割アイデンティティーだけで生きてきた人は、その重い責任からくるストレスを乗り越えられません。それに対して、きちんとした自我アイデンティティーを持って生きてきた人はその困難を乗り切れます。 役割ア...

最後にものをいうのは人間としてのやさしさ

うつ病になるような人は、会社の仕事を少しはさぼっても心の葛藤を解決することを考えることです。小さい頃から真面目人間すぎた人は、会社を休んで少し遊んだほうが長い人生を考えれば効果的な時間の使い方となるでしょう。 出世が少し...

自分の本当の姿を否定してしまうと生きるエネルギーを失う

働くことで、ますますエネルギッシュになる人と、うつ病になる人のように、消耗してしまう人と、どこが違うのでしょうか。 それは自分の本性にそって自己実現している人と、自分を欺いて無理をして頑張っている人の遠いです。うつ病にな...

子供の頃、誰も自分を守ってくれなかった

自分の周囲の人が自分のことを思って行動してくれた体験がないまま育てば、その人は人の好意をなかなか信じられません。大人になって人が自分のことを考えて行動してくれても、それを好意と感じ取ることは難しくなります。それが人を信じ...

生きることに疲れたら、休むという自然な形

人生を山にたとえるなら、同じように山を越えているように見えても、それぞれはまったく違った山を越えています。 ある人は、その山を越えた時に大事業を成し遂げたのかもしれません。それは毒ヘビが現れ、嵐に襲われる中を越えたのです...