どんなに嘆いても問題は解決しない

それにしてもうつ病になるような人は「なぜあきれるほど過去にこだわる」のでしょうか?「過去にこだわる」と言った時に、2つの意味があります。

まず、1つは自分の過去の失敗をいつまでも悔い続けている時、その理由はそのように悔やむことで失敗の免罪を得られると思っているからです。そしてそのように悔やみ、自分を責めることで自己の価値を維持し続けようとしています。

「過去にこだわる」と言った時のもう1つの意味は、自分が過去に被った被害をいつまでも訴え続けることです。

被害を誇張して訴えるのは他の個所でも説明したが、憎しみの感情を吐露しているのです。

被害者意識に立ってものをいう人が日本人には多数います。それは日本人には心の底に憎しみがあることを示しています。

また、それと同時に、彼らは愛を求めているのです。被害者意識に立ってものをいう人は解決を考えていません。自分を認めてくれ、愛してくれ、分かってくれと叫んでいるのですから。

人がいると妙にはしゃぐ子供がいます。そうした子供は淋しいのです。周囲の人の注目を求めているのです。

被害を誇張して訴える大人の心理はこれと同じです。過去にこだわる理由は、過去に被った被害の苦しみをいつまでも訴え続けていれば、いまの苦しみは消えるからです。

人がいつもいつも嘆いているのは、注目を求めることでいまの苦しみを消すためです。嘆いていればその瞬間、少しは心理的に楽になる。注目を求めている瞬間、少しは心理的に楽になるからです。

「もし私の親に少しでも愛する能力があったら、私はここまで不幸にはならなかったのに」と嘆いていることで、かろうじて現実にとどまっていられるのです。

自分の不幸をそのように嘆くことで慰めているのです。「私の親兄弟があそこまで冷酷でずるくなければ、私の人生はここまで惨めでなかったのに」と避けようのない過去を嘆くことで、いまの不幸に耐えようとしているのです。

嘆き続けることでガスを抜いているのです。自分の憎しみの感情を喋っています。話しても話しても憎しみの感情が晴れないのです。傷が癒されません。そこでいつまでも嘆き続けるのです。

過去を嘆いていても、いまの現実の問題を解決することにはならないことは、嘆いている本人も知っています。しかし変えることのできない過去を嘆くことで、いま心理的に楽になるから嘆くのです。。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です