孤独な決断をする

愛に恵まれた者が、愛に恵まれない者を裁くことが許されるのでしょうかか?心理的に病んでいる人には、心理的に病んでしまう理由があって心理的に病んでいるのです。

誰も好きこのんで心理的に病んでいるのではありません。心理的に痛んでいる人も、避けようのない運命のもとに苦しんでいるのです。

誰だつて「母なるもの」を持ったやさしい母親の元に生まれ、可愛がられて成長したいのです。心理的にも、経済的にも豊かな環境の中で成長したいのです。

しかし人は残念ながら自分の運命を選択できません。与えられた運命を生きるしかないのです。

したがつて、不幸な過去から抜け出し、「いまを生きる」ための唯一の方法は決断である。先に述べたように、「人生とはこういうものであったか、人間とはこういうものであったか」と学び、そして「ならば私はいまからはこう生きよう」という決断である。それは孤独な決断です。

アメリカが2003年にイラクとの戟争に突入していく時に、アメリカのテレビは、「ブッシュ大統領の孤独な決断」と言いました。

CNN テレビは、記者会見を終えてお付きもなく、たった1人で赤い絨毯を歩いて去っていくブッシュ大統領の背中を移していました。

たしかにその後ろ姿には華やかさはなく、透けるような孤独がにじみ出ていました。

たしかにアメリカ大統領の決断は、多くの人の生死を決める孤独な決断でしょう。

おそらくリーダーには、誰でも多かれ少なかれそのような決断があるはずです。

しかし、孤独な決断をしなければならないのは、何もリーダーに限りません。リーダーとはまったく異質であるが、「母なるもの」を持たない母親の元に生まれた人もまた、孤独な決断をしなければなりません。

それは生きる能力を奪われた者の「それでもなお、生きるための決断」です。生きる力は本来他者から与えられるものです。

その生きるエネルギーを与えられていない者の、「それでもなお、生きるための決断」です。それは恐ろしいほどの孤独な決断です。

本来絶望と恨みの中で死んでいくのが人間の心理として当たり前の者が、「それでもなお、生きるための決断」をするのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です